鼻の症状なら耳鼻科を受診するように症状に合わせた病院選びを~病の木~

違和感を感じたらすぐ病院専門医療機関を受診

補聴器とは

補聴器とは何かについて

補聴器とは主に耳の機能が壊れたり老化したりした人、要するに難聴の人間に使用される耳の聞こえにくさを補助する役割を担っている小型の機械です。今言ったように現在は小型の補聴器が流通しているが、補聴器が生まれた半世紀前は大型の物が多くありました。その大きさはだいたい弁当箱程度の大きさでした。しかし電子工学の技術がより浸透して様々な成果を上げてきたことによって、その歩調を合わせるかのように補聴器もだんだん小型化していきました。しかもそれはただの難聴を補うためだけのアイテムではなくファッション性に満ちたものにもなっておりデザインがより豊富になってきています。しかし耐水性に関してはまだまだ弱い傾向にあるようです。

取扱いの注意点について

日本に補聴器が初めて開発されたのが1900年代の戦後のことでした。それから間もなくして身体障碍者福祉法品目として指定されました。そこから多くの難聴者に向けた補聴器が一般に普及されていきました。補聴器の値段は様々ですが、平均的には安いとは言えず一万円台が大方の相場だと言えます。何度も言うように耐水性にはあまり優れているとは言えません。例えば外すのを忘れてそのまま入浴をされてシャワーを浴びることやヘアスプレーをかけてしまったり、直射日光を長時間浴びていたりなどをしてしまうと損傷の原因になりやすくなります。もし損傷してしまった場合にはただちに専門店などに修理の依頼を行ってください。難聴者にとって補聴器は生活必需品に等しい物なので大切に使用しましょう。